おすしたべたい

おすしがたくさん食べられるようにがんばるブログ

ゆらゆら帝国と考え中

久しぶりにゆらゆら帝国の空洞ですを聞いた。

ゆら帝のラストアルバムでリリースは2007年。各種メディアで絶賛されてた作品だった。
ご多分に漏れずぼくもそれなりに衝撃的な作品で何度も繰り返し聞いた。
(余談だけど、曲名も大好きで「あえて抵抗しない」「まだ生きている」「バンドをやってる友達」「ソフトに死んでいる」なんかは、当時音楽をやっていたぼくからして、やられたー!やりたいこと全部やられたー!って勝手に思っていたw)

初期のゆらゆら帝国の攻撃的なサウンドも好きだったが、本作のつかみどころのないような抽象的なサウンドでも、なんとも「あーゆら帝っぽいな、かっこいいな」と思わせてくれるから不思議だ。

色んなキャッチーなサウンドから、アングラなサウンド、抽象的なサウンドまで、たくさんのカッコイイ曲があるが、どんな側面からでも「ゆら帝っぽさ」はブレておらず、ずっと聞いていたくなるような魅力がある。

今作を最後にゆらゆら帝国は解散してしまうが、理由も衝撃的で、端的に言えば「ゆらゆら帝国は完成した。」
これが...!時代に立ち会ったということか....!と思っている。

ゆらゆら帝国は在り方から最高にカッコイイバンドだったし、天才だったなーと思う。

そんなことを久しぶりに思い出した。Apple Musicのリンク貼っておきますねw

空洞です